スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5万8千人に貸し付け、50億円収益 ヤミ金トップ逮捕 

大阪府八尾市で03年6月、ヤミ金融の取り立てを苦に夫婦ら3人が心中した事件に絡み、出資法違反(高金利)容疑などで逮捕された亀井浩次容疑者(41)=東京都港区芝1丁目=がトップとされるヤミ金組織の貸付先が、6年間でのべ約5万8千人にのぼることが大阪府警への取材でわかった。収益は五十数億円にのぼるという。

 府警は16日、亀井容疑者を同法違反と貸金業規制法=現・貸金業法=違反(無登録営業)の両容疑で逮捕。生活経済課によると、「ヤミ金融は経営していない。(逮捕容疑の)事件を起こした記憶はない」と否認しているという。

 府警によると、亀井容疑者は00年5月ごろ、東京でヤミ金業を始め、傘下に10人規模のグループを最大で七つ従えて「社長」と呼ばれていた。心中した妻(当時69)に貸し付けていたのはそうした傘下グループの一つとされる。グループのメンバーは入手した多重債務者の名簿などをもとに勧誘し、業者名を変えて同じ客に何度も貸し付けていたという。

 府警は06年2月、当時那覇市にあったこの組織のアジトなどを一斉捜索した際に押収した顧客名簿などから、亀井容疑者がヤミ金業を始めた以降の貸付先がのべ約5万8千人にのぼるとみており、収益は五十数億円と推計している。裏づけが取れた貸付額は03?06年だけで10億4500万円あったという。

 また府警は16日、逃亡中の亀井容疑者をかくまったとして、同居の無職、辺土名麻衣(へんとな・あい)容疑者(25)を犯人隠避の疑いで逮捕した。府警によると、辺土名容疑者は05年6月に沖縄で亀井容疑者と知り合い、昨年9月から東京で同居。今年5月から家賃が月34万9千円のマンションに2人で暮らしていたという。

 一方、心中した妻の遺族らは貸し付けた実行犯グループに対し、損害賠償を求めて提訴している。16日記者会見した弁護団長の植田勝博弁護士は、亀井容疑者に対しても損害賠償請求する意向を明らかにした。

[2008年12月16日 アサヒ・コムトップ]

あの八尾市の事件から5年。闇金トップ逮捕の発端は、亀井容疑者が全国チェーンのペットショップ(大阪市)に「態度が悪い」と言いがかりをつけて43万円を脅し取ったとされる恐喝の疑いで、11月25日に警視庁に逮捕されたことから。翌日潜伏先の別人名義の東京都港区のマンションを家宅捜索したところ、現金約1億3千万円と関係書類が見つかった。
沖縄で出会った交際相手と東京で月35万の高級マンションでの逃亡生活。賃貸名義は、闇金の債務者名義。
また逮捕時に所持していた免許証は、名義は闇金の債務者で顔写真は亀井容疑者の写真だったようです。
>>借金ランキング
スポンサーサイト

【闇金】返還申請、わずか3% ヤミ金被害金 

 指定暴力団山口組系旧五菱会のヤミ金融事件をめぐり、没収した犯罪収益約29億円を被害者に返還する制度への申請者数が、被害者とみられる人の約3%にとどまることが27日、東京地検の集計で分かった。被害対策を進めている全国ヤミ金融対策会議の木村裕二弁護士は同日、東京・霞が関の「被害回復センター」を訪れ、20人分の申請書を提出。「心当たりのある人は積極的に申請してほしい」と呼び掛けた。

 事件は「ヤミ金の帝王」と呼ばれた梶山進受刑者(59)らが超高金利のヤミ金融を展開。海外の銀行をで巨額の利益をマネーロンダリング(資金洗浄)したとされる。うちスイスの銀行本店に隠した資金を州政府が没収。ほぼ半額の約29億円が日本に返還された。

 東京地検は被害者の可能性が高く連絡先が分かる約3万7000人に通知したが、申請者は26日現在で約1200人という。

 問い合わせは被害回復センター03(3595)1201。

[2008.11.27 12:36 MSN産経ニュース]

【闇金】旧五菱会ヤミ金返還低調、スイス当局から29億円 

暴力団山口組系旧五菱会のヤミ金融事件で、スイス当局から返還された犯罪収益約29億円について、被害者への分配作業がほとんど進んでいない。数万人とされる被害者のうち、申請者はわずか約1400人。被害の証明資料をなくし申請を断念する人が多いとみられる。申請期限まで残り約2カ月足らず。東京地検などは「記憶レベルでもデータベースで被害を認定できるかも。まずは申請してほしい」と呼び掛けている。

 返還対象となる約29億円はスイス当局が現地の銀行口座から没収した違法金利など犯罪収益の半額。今年5月に返還され、東京地検は7月25日から被害回復給付金支給法(2006年施行)に基づく被害者への分配手続きを始め、申請窓口として「五菱会事件被害回復センター」を設置した。(02日 16:00)

【闇金】支払督促:悪用 取り立ての男、告発へ??出資法違反容疑など /奈良 

 「支払督促」を悪用した取り立てが県内であったことが、奈良若草の会の調査で判明した。会は貸し出し人数や金利状況から

、ヤミ業者と判断、「ヤミ金業者が法的な手続きを悪用して回収するのは珍しく、極めて悪質」として、貸金業法違反(無登録)容疑と出資法違反(超高金利)容疑で、奈良地検に刑事告発する方針。

 会によると、同一名義の男が今年1月、30万?158万円の支払を求め、県内在住の男女3人に支払督促を申し立てた。3人が会に相談して発覚。このうち2人は異議を申し立てたため、奈良簡裁と奈良地裁で、それぞれ民事訴訟に移行した。

 代理人の司法書士によると、奈良簡裁の訴訟では、男は県内の男性に30万円の返済を求めた。貸出金利は190?300%

に上った。男性は既に支払った分や慰謝料を含めた約115万円を求めて反訴した。男は請求放棄したが、反訴分が係争中で近く結審する予定。

 奈良地裁の訴訟では、弁護士によると、男は県内の女性に158万円の返済を求めた。女性側は、天引きして貸し付ける手口などからヤミ金業者とみて争ったため、男は今年6月に請求放棄したという。訴訟記録によると、男名義の銀行口座には、数千?数万円単位で個人とみられる小口の入金が多数確認された。いずれも入金後すぐに引き出されており、女性側の弁護士は「警察の捜査を想定し、口座に金を残さなかったのでは」と分析する。

 2件とも金利が出資法で定める法定金利よりけた外れに高く、3人以外にも、多数人に貸し付けているとみられる。
 男側の弁護士は取材に対し、「コメントできない。取材にも応じられない」と話している。


支払督促とは
 金銭貸借などの支払いについて申し立てることができ、裁判所書記官が審査するため、民事訴訟よりも簡単に債権を回収できる。申し立て人は住所や名前などを明らかにする必要があるため、違法な貸し付けをしたヤミ金業者らは利用しないとみられていた。異議を申し立てれば民事訴訟に移り、確定した場合は判決と同様の効力がある。

[2008年12月3日 毎日新聞 地方版]

銀行口座「ヤミ金業者に売却」=不正開設で男逮捕?滋賀 

 銀行口座を不正に開設したとして、滋賀県警近江八幡署は28日、詐欺容疑で、同県安土町西老蘇、運転手水谷康男容疑者(43)を逮捕した。容疑を認め、「借金返済に困り、ヤミ金業者に売り渡すために開設した」と話しているという。
 調べによると、水谷容疑者は11月中旬ごろ、県内の銀行に口座を開設し、通帳とキャッシュカードをだまし取った疑い。この口座には27日、振り込め詐欺被害に遭った東京都の女性(69)から150万円が入金されており、凍結された。

[2008/11/29-01:03 時事通信]

【闇金】4年間で1億8000万円…ヤミ金業者を逮捕 

 多重債務者や自己破産者に金を貸し、法定の100倍以上の利息を受け取ったとして、警視庁大森署は出資法違反などの疑いで、渋谷区神泉町の貸金業者「マイベスト」経営、吉永一容疑者(41)=武蔵野市吉祥寺南町=を逮捕した。平成16年から4年間で、回収した貸付金を含めて約1億8000万円を受け取ったとみられる。

 調べでは、吉永容疑者は都知事の登録を受けずに貸金業を経営し、高知県の女性(36)ら男女3人に19万円を貸し、法定利息を約330万円超える利息を受け取るなどした疑い。

 吉永容疑者は多重債務者や自己破産者の名簿を買い、電話やダイレクトメールで勧誘。約786人の客から、法定の約44?123倍の高利で金を貸していた。

[2008.11.27 22:29 MSN産経ニュース]

【闇金】「タクシーヤミ金」大阪府内で激減 昨年比4分の1に 

 低賃金に苦しむタクシー運転手の弱みにつけ込み法外な高金利で貸し付ける「タクシーヤミ金」の大阪府内の業者数が、昨年比で約4分の1に激減していることが26日、「大阪クレジット・サラ金被害者の会」(大阪いちょうの会)の調査で分かった。警察の摘発や業者を相手取った提訴などの効果とみられる。ただ、“残党”が水面下で営業形態を巧妙に変えてしぶとく生き残りを図り、不況に乗じて再び活発化する恐れもあり、同会は警戒を呼びかけている。

 タクシーヤミ金は、平成16?17年に大阪で初めて確認され、新手の手口として全国の都市部に拡大したとされる。

 タクシー運転手がヤミ金に狙われる背景には、売り上げの一部を前借りできる「日銭」の制度に加え、勤務終了後には必ず営業所の車庫に戻るため、業者が取り立てしやすいという業界の特性がある。業者は貸し付けの際、身分証明書や所属営業所を確認したうえ、日ごろの運行ルートも報告させる。

 また、融資する運転手2人をお互いに保証人にするケースが多く、片方の運転手が返済から逃れようとしても保証人の同僚に迷惑がかかることを恐れて泣き寝入りするため、被害実態がつかみにくいという。

 同会によると、被害がピークとされた昨年1年間に受け付けた約40件の相談内容から、大阪府内の業者数を少なくとも約80社と推計。これに対し、今年1月以降の相談は半減し、同様に相談内容から検討した結果、業者数は20社前後にまで減少したとみている。

 減少傾向に転じたのは、同会に相談した大阪市内の40代の運転手2人が昨年12月、業者を相手取り計約35万円の損害賠償を求めて大阪簡裁に提訴して以降。摘発や提訴の動きに危機感を抱いた業者が徐々に手を引いたとの見方が強い。

 今年6月の大阪簡裁判決は、出資法の上限金利(年利29・2%)を大幅に上回る約228%で貸し付けていたと認定した上で「違法性が高く、運転手に元本を返還する義務はない」と判断、業者に賠償を命じた。

 昨年まで堂々と店舗を構えて営業し、タクシー会社の営業所や客待ちの待機場所まで取り立てに来ていた業者は多かったが、現在は目立たないマンションの1室を拠点にするケースが多い。このため、返済の滞った運転手が同会や警察に逃げ込んでも業者を特定できないという。

 さらに最近、摘発や提訴を免れるため、マンションのドアに封筒とボールペンをつるし、返済に訪れた運転手に名前とともに返済金を入れさせる“無人型システム”を取り入れている業者も確認されている。

 同会の川内泰雄事務局次長は「タクシーヤミ金は利益率が高いだけに復活する可能性が高い。撲滅のためにも勇気を持って相談してほしい」と話している。

[2008.11.26 11:58 MSN産経ニュース]

「タクシーヤミ金」の存在は、漫画「闇金ウシジマくん」で初めて知りました。
グレーゾーン金利が撤廃され、中小の消費者金融が倒産していく状況に加えて、これからますます不景気になっていきます。
多重債務の人や低収入で生活費に困ってる人たちが、闇金に頼ってしまうのではないか懸念されます。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。