スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇金従業員と客の会話(11) 返済遅れ客ムラカミさん 

闇金返済遅れ客ムラカミさん
>>借金ブログランキング
スポンサーサイト

闇金従業員と客の会話(10) 返済遅れ客ノナカ♀さん 

闇金返済遅れ客ノナカ♀さん
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(9) 遅れ客ヨシダ♀さん 

闇金遅れ客ヨシダ♀さん
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(8) 新規申込客ニシノ♂さん 

闇金新規申込客ニシノ♂さん
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(7) 遅れ客アガツマ♂さん 

闇金遅れ客アガツマ♂さん
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(6) 遅れ上客オカジマ♀さん 

闇金遅れ上客オカジマ♀さん
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(5) ギャンブラー狂の会話 

闇金とギャンブラー狂の会話
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(4) 風俗嬢キタハラ♀さんの会話 

闇金と風俗嬢キタハラ♀さんの会話
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(3) 新規客ハマノ♀さん 

闇金と新規客ハマノ♀さんの会話
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(2) 上客ヤマザキ♀さん 

闇金と上客ヤマザキ♀さんの会話
>>借金ブログランキング

闇金従業員と客の会話(1) 遅れ客タカダ♂さん 

闇金と遅れ客タカダ♂さんの会話
>>借金ブログランキング

元闇金従業員が語る闇金の実態(6) 

元闇金従業員が語る闇金の実態(5)に登場の人に質問です。
>>借金ブログランキング

元闇金従業員が語る闇金の実態(5) 

元闇金従業員が語る闇金の実態(1)?(4)の人とは別の人です。
>>借金ブログランキング

元闇金従業員が語る闇金の実態(4) 

回収率5割ですばらしいのか。
>>借金ブログランキング

5万8千人に貸し付け、50億円収益 ヤミ金トップ逮捕 

大阪府八尾市で03年6月、ヤミ金融の取り立てを苦に夫婦ら3人が心中した事件に絡み、出資法違反(高金利)容疑などで逮捕された亀井浩次容疑者(41)=東京都港区芝1丁目=がトップとされるヤミ金組織の貸付先が、6年間でのべ約5万8千人にのぼることが大阪府警への取材でわかった。収益は五十数億円にのぼるという。

 府警は16日、亀井容疑者を同法違反と貸金業規制法=現・貸金業法=違反(無登録営業)の両容疑で逮捕。生活経済課によると、「ヤミ金融は経営していない。(逮捕容疑の)事件を起こした記憶はない」と否認しているという。

 府警によると、亀井容疑者は00年5月ごろ、東京でヤミ金業を始め、傘下に10人規模のグループを最大で七つ従えて「社長」と呼ばれていた。心中した妻(当時69)に貸し付けていたのはそうした傘下グループの一つとされる。グループのメンバーは入手した多重債務者の名簿などをもとに勧誘し、業者名を変えて同じ客に何度も貸し付けていたという。

 府警は06年2月、当時那覇市にあったこの組織のアジトなどを一斉捜索した際に押収した顧客名簿などから、亀井容疑者がヤミ金業を始めた以降の貸付先がのべ約5万8千人にのぼるとみており、収益は五十数億円と推計している。裏づけが取れた貸付額は03?06年だけで10億4500万円あったという。

 また府警は16日、逃亡中の亀井容疑者をかくまったとして、同居の無職、辺土名麻衣(へんとな・あい)容疑者(25)を犯人隠避の疑いで逮捕した。府警によると、辺土名容疑者は05年6月に沖縄で亀井容疑者と知り合い、昨年9月から東京で同居。今年5月から家賃が月34万9千円のマンションに2人で暮らしていたという。

 一方、心中した妻の遺族らは貸し付けた実行犯グループに対し、損害賠償を求めて提訴している。16日記者会見した弁護団長の植田勝博弁護士は、亀井容疑者に対しても損害賠償請求する意向を明らかにした。

[2008年12月16日 アサヒ・コムトップ]

あの八尾市の事件から5年。闇金トップ逮捕の発端は、亀井容疑者が全国チェーンのペットショップ(大阪市)に「態度が悪い」と言いがかりをつけて43万円を脅し取ったとされる恐喝の疑いで、11月25日に警視庁に逮捕されたことから。翌日潜伏先の別人名義の東京都港区のマンションを家宅捜索したところ、現金約1億3千万円と関係書類が見つかった。
沖縄で出会った交際相手と東京で月35万の高級マンションでの逃亡生活。賃貸名義は、闇金の債務者名義。
また逮捕時に所持していた免許証は、名義は闇金の債務者で顔写真は亀井容疑者の写真だったようです。
>>借金ランキング

元闇金従業員が語る闇金の実態(3) 

やっぱり警察って。。。
>>借金ブログランキング

元闇金業者が語る闇金の実態(2) 

小切手闇金ってなに?
>>借金ブログランキング

元闇金従業員が語る闇金の実態 

元闇金従業者

【利息・営業地域・従業員】
利息は「トイチ」だの「トサン」だの言われているが、今は「トサン」から「トゴ」
(闇金ウシジマくんのカウカウファイナンスは10日5割の「トゴ」)
たまに一週間サイクルなんてのもある。
基本的な貸付方は融資金三万に利息が一万五千円。融資金から手数料三千円を引くので相手の手元に二万七千円。返済日は十日後だが融資日も含めるので実質九日間しかない。

融資地域は全国。だが、店舗によってブラック地域があり、その地域の人間は無条件でお断り。
主に長野、沖縄、熊本。
従業員は多くて十人程度。ヤクザだなんだ言われてるがクソガキばっか。平均は二十代前半。そんなやつらにビビってる債務者もアレだが。

取り立ては主に電話のみ。基本的に家に行くなんてしません。捕まっちゃうからね。
近かったら行くこともあるけど。
弁護士、警察、司法書士などが入ったら一旦取り立てはストップ。
だいたい一週間後に再開。


【審査基準と取り立て方法】
ブラック地域に当選する基準は、警察が摘発に気合いを入れている、詐欺師が多いなど。
取り立て方法だが、その前にまず貸し付けする基準を。
本人の住所連絡先勤め先を聞くなどは大手と一緒。さらに身内の住所連絡先勤め先など片っ端から聞く。わかる範囲で全て聞く。言いたくないとゴネる奴もいるがそんな奴はお断り。貸せても一万とか。で、返済が滞ってきたら身内に電話。片っ端から電話。これで大抵返してくる。

【新規客の開拓】
これもやはり電話。闇金にはご想像の通り客の名簿がある。これを名簿屋から買う。相場は一件50円程度。
ちなみに名簿には色々な種類がある。出会い系に登録してる奴とか、ペットを飼ってる奴、詐欺に騙された奴、サラ金で断られた奴、など。うかつに登録すると名簿に載って50円で売られちゃうから気をつけよう。

【紹介屋】
エロ本などで見かける金融の広告。ちょっと前までは全て闇金だったが、今は紹介屋が多数を占めている。紹介屋で借りさせられなかった奴が闇金に流れてくる。

【闇金】返還申請、わずか3% ヤミ金被害金 

 指定暴力団山口組系旧五菱会のヤミ金融事件をめぐり、没収した犯罪収益約29億円を被害者に返還する制度への申請者数が、被害者とみられる人の約3%にとどまることが27日、東京地検の集計で分かった。被害対策を進めている全国ヤミ金融対策会議の木村裕二弁護士は同日、東京・霞が関の「被害回復センター」を訪れ、20人分の申請書を提出。「心当たりのある人は積極的に申請してほしい」と呼び掛けた。

 事件は「ヤミ金の帝王」と呼ばれた梶山進受刑者(59)らが超高金利のヤミ金融を展開。海外の銀行をで巨額の利益をマネーロンダリング(資金洗浄)したとされる。うちスイスの銀行本店に隠した資金を州政府が没収。ほぼ半額の約29億円が日本に返還された。

 東京地検は被害者の可能性が高く連絡先が分かる約3万7000人に通知したが、申請者は26日現在で約1200人という。

 問い合わせは被害回復センター03(3595)1201。

[2008.11.27 12:36 MSN産経ニュース]

【闇金】旧五菱会ヤミ金返還低調、スイス当局から29億円 

暴力団山口組系旧五菱会のヤミ金融事件で、スイス当局から返還された犯罪収益約29億円について、被害者への分配作業がほとんど進んでいない。数万人とされる被害者のうち、申請者はわずか約1400人。被害の証明資料をなくし申請を断念する人が多いとみられる。申請期限まで残り約2カ月足らず。東京地検などは「記憶レベルでもデータベースで被害を認定できるかも。まずは申請してほしい」と呼び掛けている。

 返還対象となる約29億円はスイス当局が現地の銀行口座から没収した違法金利など犯罪収益の半額。今年5月に返還され、東京地検は7月25日から被害回復給付金支給法(2006年施行)に基づく被害者への分配手続きを始め、申請窓口として「五菱会事件被害回復センター」を設置した。(02日 16:00)

【闇金】支払督促:悪用 取り立ての男、告発へ??出資法違反容疑など /奈良 

 「支払督促」を悪用した取り立てが県内であったことが、奈良若草の会の調査で判明した。会は貸し出し人数や金利状況から

、ヤミ業者と判断、「ヤミ金業者が法的な手続きを悪用して回収するのは珍しく、極めて悪質」として、貸金業法違反(無登録)容疑と出資法違反(超高金利)容疑で、奈良地検に刑事告発する方針。

 会によると、同一名義の男が今年1月、30万?158万円の支払を求め、県内在住の男女3人に支払督促を申し立てた。3人が会に相談して発覚。このうち2人は異議を申し立てたため、奈良簡裁と奈良地裁で、それぞれ民事訴訟に移行した。

 代理人の司法書士によると、奈良簡裁の訴訟では、男は県内の男性に30万円の返済を求めた。貸出金利は190?300%

に上った。男性は既に支払った分や慰謝料を含めた約115万円を求めて反訴した。男は請求放棄したが、反訴分が係争中で近く結審する予定。

 奈良地裁の訴訟では、弁護士によると、男は県内の女性に158万円の返済を求めた。女性側は、天引きして貸し付ける手口などからヤミ金業者とみて争ったため、男は今年6月に請求放棄したという。訴訟記録によると、男名義の銀行口座には、数千?数万円単位で個人とみられる小口の入金が多数確認された。いずれも入金後すぐに引き出されており、女性側の弁護士は「警察の捜査を想定し、口座に金を残さなかったのでは」と分析する。

 2件とも金利が出資法で定める法定金利よりけた外れに高く、3人以外にも、多数人に貸し付けているとみられる。
 男側の弁護士は取材に対し、「コメントできない。取材にも応じられない」と話している。


支払督促とは
 金銭貸借などの支払いについて申し立てることができ、裁判所書記官が審査するため、民事訴訟よりも簡単に債権を回収できる。申し立て人は住所や名前などを明らかにする必要があるため、違法な貸し付けをしたヤミ金業者らは利用しないとみられていた。異議を申し立てれば民事訴訟に移り、確定した場合は判決と同様の効力がある。

[2008年12月3日 毎日新聞 地方版]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。