スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇金従業員と客の会話(10) 返済遅れ客ノナカ♀さん 

闇金返済遅れ客ノナカ♀さん
>>借金ブログランキング
闇金 (´・ω・)「こうして直接お客さんに会って話すのは滅多にないんですが・・・」


ノナカ「・・・はい・・・」


闇金 (´・ω・)「折角娘さんにも来てもらってるんだからじっくり話しましょうか。何食べます?奢りますよ。」


ノナカ&娘「いえ・・・お茶だけで・・・」


闇金 (´・ω・)「じゃあ本題。いつにいくら払うつもり?」


ノナカ「ホントにお金がなくて・・・」


闇金 (´・ω・)「わかってるよそんなの。金がないから借りてんだろ?」


闇金 (´・ω・)「アンタは金がないんじゃなくて、金を作ろうとしてないの」


闇金 (´・ω・)「暖房の利いた部屋でメシ食ってテレビ見て風呂入って布団にくるまって寝る。」


闇金 (´・ω・)「でも金は返さない。ナメてるよねぇ」


ノナカ「・・・・・・」


闇金 (´・ω・)「こりゃあもう娘さんに体売ってもらうしかないわけですよ」


闇金 (´・ω・)「本人は金を作れないんだから。娘さんには前もって話してあるからね。ね?」


娘「・・・はい・・・」


闇金 (´・ω・)「あとはまぁ、一応アンタにも話しとかないとさ、捜索願とか出されちゃうと困っちゃうから」


闇金 (´・ω・)「ご了承頂けますか?」




ノナカ「・・・・・・・・・はい・・・」


バチーン!


娘「ふざけんな!なんで私がアンタの借金のために風俗で働かなきゃならないのよ!」


娘「いい加減にしてよ!アンタなんか親じゃない!アンタなんか知らない!もう勝手に野垂れ死んでよ!」


ノナカ「???」



闇金 (´・ω・)「理解してないみたいだね。僕と娘さんで一芝居打ったんだよ。」


闇金 (´・ω・)「アンタは金を作る気があるのかってね。」


闇金 (´・ω・)「でもこの期に及んでまだ娘頼み。確かに若い子の方が稼げるけどね」


闇金 (´・ω・)「娘さんは風俗なんかで働かせないよ。働くのはアンタだ」


闇金 (´・ω・)「自分で何とかしますって言ってくれればまた違った方法も考えたんだけどね」


闇金 (´・ω・)「熟女専門なんかいくらでもある。拒否なんかできないよね?娘を売ろうとしたあんたが」


闇金 (´・ω・)「20分もしたらお店の人が来るから、腹括っといてね」









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。