スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金癖のある母のために給料の半分を家に 

母は昔から借金癖のある人で、近所の人からもずっと借りてて、
電話を取らないってのは当たり前、居留守も当たり前で、近所を歩いてても、
知り合いを見ると隠れたりしてた。
スナックを経営していたが、赤字続きで客にも借金したりして、膨れ上がっていく
一方の借金だが、趣味もかねているので、絶対にスナックをやめなかった。

>>借金ランキング
姉は自分でバイトして大学に通っていたが、母にお金を貸して、返してくれないことが
何度も続き、学費滞納で中退せざるを得なくなった。
結婚してからも、ことあるごとに金を貸していた。

私は母が金を無心してきても、「ないものは貸せない」と突っぱねたが、
ある日切羽詰った母に、「○○フジで20万借りてきてくれ。出ないと首をくくる」
と言われ、馬鹿な私は言われるがまま行った。
身分証明書を出して、色々と書類書いてたりしたら、責任者みたいな人が出て来て、
奥へ連れてかれて・・・「もしかして、親御さんに言われてきたんじゃないですか?」と。
「とにかく、現住所にお住まいの限り、お貸しすることはできません」と言われた。
まあ、おかげで借りずに済んだんだが、なんだか情けなくて泣けた。

それでも可哀相に思い、給料の半分以上を家に入れていた。
(母が食事を作ることはなかったので、食費はいらないのですが)

そんな私もついに結婚となり、生まれて初めての普通の生活をすることになった。
電話に怯えることもなく、後ろめたさも感じず、新しい土地で楽しく暮らしていた。
(結婚費用は、婚約してから結婚までの8ヶ月間で、会社に内緒で死に物狂いで
バイトして、100万貯めて、それを式の費用にあてた。親からは一銭ももらわず)

しかし、ある日夫の会社に一本の電話が・・・
電話の主は、母の知人で、「○○の母親はどこに行った!!居場所を教えろ!!!」と
荒々しい話し方で、2度ほど電話があったらしい。

母は、日々かさむ借金に根をあげ、ついに自己破産の道を選んだ。
もちろん弁護士費用もないので、それは私の結婚前からの貯金から出してやった。
それでスッキリするなら安いものだと思ってね。
で、債務整理をされたくない人たちが大騒ぎし始め、母は一時的に身を隠したらしい。

自己破産のことは、すべて夫に話していたが、まさかこんな形で迷惑をかけるなんて
思いもよらず、恥ずかしくて情けなくて、夫に泣いて謝った。
夫は気にするなと言ってくれたのが救いだが、いまだに申し訳なくてしょうがない。

しかし、これで母は誰からも借金することも出来なくなり、今では貧乏暮らしも板につき、
節約に喜びを感じる毎日らしいです。
家は変わっていないので、近所を歩くこともままならず、ほぼ引きこもり状態ですが。

今まで、存在感がなく役立たずだった父が、自己破産手続きのために奮闘したのをみて、
少し見直しています。

書ききれないくらいの嫌な出来事があり、人生に絶望したことも何度かありましたが、
今では本当に平和に暮らせています。

今苦しんでいる方にも、頑張って幸せな日々を取り戻して欲しいと心から願います。

↓1?50位までに何人サイマーがいるでしょう?
>>借金ランキング

【関連記事】
闇金従業員と客の会話(22) 修羅場客ツダ♀さん
派遣サイマーの川ちゃん(1)
サラ金に現役で働いてるけど何か質問ある?(1)
人気記事ランキング10(2009年12月)
お金を下ろすとアコムへ行くサイマー
残高がマイナスだから解約したい







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。